FC2ブログ

ニムロッド

2019.03.04 21:17|未分類
ニムロッド<><><>旧約聖書の登場人物「我らは、反逆する」
第160回芥川賞作品  ニムロッド  上田岳弘著

旧約聖書とIT用語

正直言ってわかりにくい小説であった。
高齢者の読後感・・・全く理解できない。・・・・・PC用語、読み進めない。・・・・・物語の筋がない。
・・・・・・ドキドキ感がない。

主な登場人物3人・・・・中本哲史(主人公)  会社の先輩・・・ニムロッド(荷室仁)  中本の恋人・・・田久保紀子
中本は、法人向きのサーバーのサポート業務をする会社に勤務。ある日、社長から仮想通貨ビットコインの採掘を命ぜられ
課長となる。(課員なし)システィムエンジニア 38才
ニムロッドは、名古屋支店勤務、作家を目指し、新人賞に応募、最終選考委員会にて3回落選。趣味は、駄目な飛行機
のコレクション。39才
田久保紀子は、外資系証券会社勤務、M&A担当、一度結婚して子供ができたが、子供に染色体異常がみつかり堕胎、その後、離婚する。中本とは時々ホテルで一夜を過ごす。37才

中本哲史は、ビットコインの(創設者サトシ・ナカモトの資産価値を維持する)採掘を続ける。しかし、その採掘量は、日々
減少していく。
ニムロッドは、「駄目な飛行機」のコレクション(例えば、航空特攻機 「桜花」・・・・引き返すことのできない自爆飛行機)を
中本哲史にメールで送ってくる。
田久保紀子は、仕事の間に中本哲史をカフェやホテルに呼び出す。

理解困難な用語
バベルの塔、駄目な飛行機のコレクション、ビットコインのマイニング、27歳クラブ、NIPT、ファンド、NAVER、Slack
ソースコード、ポップアップ等々の言葉

読んで何か理解できる文章を引用すると

生物の寿命を司るシステムが解明された結果、富裕層では<<寿命の廃止>>技術を自身に施すものが増え、ここ最近
では減少分と増加分の調和がとれている。<<寿命の廃止>>を受け入れた人々は、自虐の気持ちがあるのだろう。
自分たちを「最後の人間」と呼ぶ。
もう一つはには、情報技術の発展という要素があった。(中略)あらゆるものを情報化してきた社会において、中心か否か
に地理上の位置は関係ない。情報となり、すべてのものが並列に並ぶ中で、それでもそれを選ぶのだという執着心が情報
的重力を生む。「最後の人間」の割合が増えるほどに、執着心が薄まっていく社会の中では、誰より強く何かを求め、執着
できるかどうかが肝要なのだ。

世界は、どんどんシステマティクなっていくようね。システムをまわすために決まりごと(コード)があって、それに適合した
生き方をする、というかせざるを得ない。

中本哲史のビットコインの採掘は、当初から比べ30%以上安くなっている。不正流出が発覚して暴落した。
そして、連絡がとれなくなった田久保紀子とニムロッドのことを思い出すと感情的に高ぶりが伴わない涙が流れる。

IMG_0034s-.jpg

IMG_4409s-s-.jpg

IMG_4350s-s- (3)



季節の俳句
かほどまで咲くこともなき椿かな(飯島晴子)
IMG_4395s-s-.jpg














菊花仙人

コメント

非公開コメント

プロフィール

菊花仙人

Author:菊花仙人
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ