FC2ブログ

つぼみが出始める

2020.09.18 21:04|未分類
蕾が出始める時の注意
蕾は、一個しか出ないものと数個出るものがあります。
数個でるものは豆粒大になるまで中心の蕾とそのわき
の蕾を2~3個残し最後に芯蕾を残します。

今は、厚物の蕾が出始めていますが、管物は出始める
と咲くのが早いですから様子をみながら管理をします。

s-IMG_8458.jpg<
つぼみ複数
蕾2
蕾3





首里の馬(芥川賞 高山羽根子著)
未名子は、中学生のころから沖縄の民族風習風俗資料館のインデクスカードの
整理をしている。又、スマホで資料の写真を画像データーにして保存している。
本業端、那覇の雑居ビル4階の一室でパソコン通信にて外国人3人にクイズの
問題出して答えさせる。3人とはクイズの解答のみならずさまざまな環境にある
回答者と個人的な話題にも触れながらコミュニケーションがあった。しかし3人と
未名子は孤独であった。
台風が過ぎた朝、庭に一匹の宮古馬がうずくまっていた。翌朝、交番に連れて行
く。お巡りさんは困ってしまって引き取ったがその後、公園に引き取られていった。
資料館は、持ち主が病気で管理出来ないからと手放すこととなった、また、未名子
の本業のパソコン通信の仕事も辞めることにした。
資料館はこわされた。美名子の記録は、3人のクイズ回答者に送られ保存された。
未名子はマイクロSDカードにも記録された。
未名子は、ある日の深夜、公園に行き宮古馬(ヒコーキ)を連れ出してガマ(洞窟)
にて飼育することにした。
ヒコーキの首にウエブカメラをぶら下げて未名子は、街中を散歩するようになった。
この街が変わっても未名子の資料は役立つと思った。
登場人物達は孤独で何かを求めている。そして、いろいろな身近な事象が記録さ
れた情報とが関係して歴史的に大きな力となる。
孤独と記録、そしてコミュニケーションによる連帯感。


笑う馬馬

乗馬



菊花仙人

福助つくり

2020.09.15 16:42|未分類
福助は伸び具合をコントロール
成長抑制剤(B-ナイン)の使い方の巧拙に左右されて後半
特に蕾の出てから伸びることにより規定の鉢底から花首ま
での草丈が40㎝以上となりバランスが崩れる。
規定の草丈で葉と花の大きく育てるのが福助つくりのコツ
であるが、B-ナインの効き目如何である。

福助②福助②

だるまつくり
だるまつくりも同様にB-ナインの使い方に左右される。
今回、あえて苗つくりを省略して盆養3本立ての遅い挿し芽
苗を使ってだるま仕立てとしたためB-ナインの影響がどの
ように成長をコントロールするかである。

規定では、鉢底から花首まで60㎝であるから余裕がありそう
でも蕾がでてからの伸びを無視できない。

福助

菊花仙人

柳芽に苦心

2020.09.03 21:00|菊作り
柳芽で開花が遅れそう
今年は、柳芽がでまくっている。特に、厚物は全部と言っていいほど
でた。柳芽を切り取って腋芽を伸ばすことになるので当然、花芽も
遅れる。
挿し芽用新芽

挿し芽用新芽その2

今年の気候が狂っていて菊も狂ってしまった。7月の日照時間の短い
こと、太陽が出たのが数日ということから光合成に影響があるのでは
ないかと思う。
柳芽が出る原因は諸説あるようで花芽となる芽が葉の芽に変わって
しまった。と言われてもいる。
8月は、毎日30度を超す猛暑、今度は、日照の強さで下葉は日焼け
する始末、1ヶ月続く焼けつくような日照りに体力消耗、根腐れに倒
れるもの続出。
今度は台風、息つく暇もなく対策に老体には難儀である。腰痛、息
切れ、足のふらつき。大鉢の重さは、5キロ以上ある。

成長状況
厚物・・・国華金山、国華越山、国華卒寿啓・・・鉢底から90㎝
厚物

管物・・・・泉郷情熱、彩胡三枝、彩胡優美・・・・鉢底から100㎝

管物
菊花仙人

福助仕立て

2020.08.28 20:47|未分類
福助仕立ては早期成育
福助仕立ては、挿し芽する時期が、7月上旬のため促成栽培をする必要がある。
茎を太く、下葉を大きくすること,丈は短く育てる条件がある。そのためには肥料
と成長抑制剤とアクセルを踏んでブレーキも同時に踏むと言うコントロールが栽
培技術である。
現在の伸び具合は、写真のとおりであるが下葉が小さく茎も太くない。矮化剤を
頻繁に散布して成長を調整している。

福助

福助単独

庭の桜が枯れる
東大和市(当時大和町)に引っ越してきたときに植えた庭木で毎年ピンクの八重で
ふっくらとした花を咲かせてくれました。
今年も、少なくなった枝から辛うじて花をさかせてくれた。
毎年、秋の終わりに庭木の手入れをしてくれる植木やさんが桜は、そのうち枯れる
よと言ってたことがコロナの真っ最中に枯れてしまいました。

枯れた桜




菊花仙人

花芽分化

2020.08.21 16:36|菊作り
花芽分化と柳芽
8月下旬になると蕾の準備が始まります。8月23日は、処暑、暑さが収まる時期、
秋が間近、「水平にながれて海へ処暑の雲・・・柿沼茂」菊にも秋の準備と言えば
花の芽が出始める時期いゆる花芽分化といいます。
しかし、まだ太陽の光は強く暑さも収まりません。そこで秋の来たことを知らせてやるためにシェードと言って夕方5時頃から三角帽子を被せて秋の陽ざしにします。
つまり暗くして秋の気配にします。2週間続けて被せることにより3日につき1日開花が早まると言われています。その通りにはなかなかいきませんが・・・・

帽子

柳芽に注意
柳芽は、花芽分化が、何らかの原因により花芽ではなく葉に変換してしまう現象で花にならず柳の葉のように伸びる。
花は咲かないので摘芯して腋芽を伸ばして花を咲かせる「柳芽送り」とします。

ただし、8月下旬以降の柳芽は、鬼蕾と言って巨大輪の花が咲くといわれていますが、暴れ花となる傾向が強いです。
柳芽

胴切り

試しに4本胴切りにトライアルしたところ、切ったところから新芽がでてきたが、今のところ伸びが悪く胴切りの時期が遅かったかと思われる。
胴切り

接ぎ分け菊挑戦結果

元木5本を選び元木1本に3~5本接ぎ木したが成功率は最悪で5本接ぎ木して1本が成功する程度で殆どが萎れてしまう。
8月上旬から始めたが現在のところ5本ほど成功しているかと思われる。

萎れてしまった接ぎ木
接ぎ木

接ぎ木成功分成功分



菊花仙人
プロフィール

菊花仙人

Author:菊花仙人
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ