FC2ブログ

早々と挿し芽

2021.04.05 20:11|菊作り
第1回挿し芽
挿し芽箱

今年は、暖かいせいか挿し穂(摘芯後伸びている芽)の伸びが早い
ため2~3週間早く挿し芽をすることとなった。
桜の開花も早かったように3月下旬から急に伸び出した。
①発砲スチールの箱に挿し芽用の土を入れて水をたっぷりかけて
1~2日間置く。

IMG_9644s-.jpg

②挿し穂を15㎝ほど切り、挿し芽用に6㎝ほどに安全カミソリでカットする。
根元をハブラシ(使ったものでよい)で3回ほどこすってそこに発根剤を塗
付ける。

挿し穂道具

挿し芽箱の土に割り箸にて穴を3㎝ほど開けて挿し穂を差し込み周りを
両手の親指と人差し指で土を押さえて固定する。

挿し穂

挿し芽後

③挿し芽が終了したら霧吹き(スプレー)にて水をかけてから針金を3本
ドーム型にして遮光、風よけのため不織布で覆いさらに新聞紙にて覆い
半日陰に置く。


不織布

④新聞紙は、1週間後取り除き、不織布は10日後取り除くが、日差しの
強い時は不織布を再度被せる。この辺は、日々の日当たり具合や気温の
状況及び朝、昼、夕方の天気状況により調整する。


画像花見

多摩湖周辺のさくらの写真を先週31日撮ってきました。
多摩湖入り口

さくらとおり

多摩湖畔桜

桜満開

思い出ベンチ

山桜


しだれ

池

お休み所








菊花仙人

新芽出始め

2021.03.15 17:35|菊作り
挿し穂を沢山取る
元気で根付きのいい挿し穂をとるには液肥を与えます。
太くするとかえって根付きがよくありません。
品種により茎が太くなるものがありますが、根の出が
遅くなります。

挿し穂

新しい花を咲かせたい
いままで育て咲かせた花の他に新しい別の品種の花
を咲かせてみたいと思ったら育苗園芸店(又は近くの
園芸店で菊苗を扱っている))で購入して育てて咲か
せてみましょう。
菊苗専門店は、国華園や精興園等にて通信販売をし
ています。また、園芸店では、コメリ(武蔵村山店)にて
菊苗を扱っています。
値段は、品種により異なりますが、新しく発売の苗は
1本、1,000~3,000円しますが、一般的な苗は、500
円ほどで購入できます。

購入苗

「森瑤子の帽子」:著者島崎今日子
そして「情事」「誘惑」」著者:森瑤子、

森瑤子は、昭和15年(1940年)静岡県伊東市に生まれ
平成5年(1993年)で死去。
52歳であった。
女帽子

昭和34年(1959年)東京芸大に入学。昭和38年(196
3年)卒業。芸大でバイオリンを学んだがそれを捨てた。
昭和33年(1958年)ころ実存主義華やかなりしころサ
ルトル、カミュー、ボーボアールなどの著書が翻訳で多
く発行され貧乏学生が古本を買って読んだが、雰囲気
は感じられたが、理解は困難であった。
影響されたという点では、”規範や常識に縛られること
を恥ずべきことでいかに自らの欲望に忠実に生きるこ
とが人生の命題と考えた。
当時は、お茶の水の喫茶店「ジロー」とか新宿の「風月
堂」でコーヒー一杯で2時間も翻訳本からの生半可な
知識を振りかざして友たちと議論するのを空しい生き
がいとしていた。(私もその一人である)
森は、25歳で英国人と結婚、3人の女の子の母親とな
る。子育てをしながら結婚後13年して38歳「情事」を書
く。翌年「誘惑」が芥川賞候補となる。
「森瑤子の帽子」は、森の死後26年目に島崎今日子
は書き終えた。その間、森を巡る何十人という親族
を始め関係者から取材をした。その労力たるや想像
を絶する。
そう簡単にプライベイトの話とか噂とか自分の森に
対する感想も含めて聞き出すことは聞き上手のみな
らず特殊な誘引力や吸引力などの能力の持ち主に
違いない。

森の夫アイバンブラッキンは、日本語が読めない。
当然、森の、書いた小説やエッセイも読めない。森
は随分、家族のことをエッセイ等に書いていた。夫
が妻が書いたものを読むことは夫婦の関係にどん
な影響があるだろうか。森夫婦の間には夫婦喧嘩
が絶えなかったそうだ。読まれては都合が悪いこと
が多かったのだるうか。夫婦で物書きは結構いる。
夫婦関係はどうだろうか。

「情事」で「すばる
文学賞」受賞、その後の作品も芥川賞候補作品と
なっている。
今回、読んだ「情事」と「誘惑」いずれも描写力は、
読む者をひきつけてやまない。
島崎今日子は、ジェンダーをテーマーした著述が
多いそうだ。

菊花仙人

挿し芽苗作り準備

2021.02.17 20:25|菊作り
越冬苗の摘芯
越冬した親株のわきなどから新しい苗が伸び始めています。
2月中頃に寒肥として乾燥肥料を施します。大さじ2~3杯与
えます。
越冬苗はそのまま挿し穂とせずに一度摘芯して脇から出る
新芽を育てて挿し穂とします。
挿し芽の時期を逆算して40日~45日を目安に摘芯します。

4月20日挿し芽を予定しているならば2月下旬~3月上旬
頃摘芯をすることです。
利点として病気に罹りにくい、発根がしやすい、挿し穂が
多くとれると言われています。

越冬苗

越冬苗2

実践小説教室(根本昌夫著)
文芸書の編集をしてきた著者の小説講座から文芸月刊誌
の新人賞から芥川賞などの受賞者が多数出ている。
「これから小説を書こうと思っている人はまず多くの小説を読
むこと・・・」
「結論を急ぐことなく、じっくりと自分の頭、自分の言葉でもの
を考えられる人・・・」
この二つの必要条件は、生まれ変わらなければ不可能であ
る。

小説教室




菊花仙人

種苗法

2021.01.14 21:46|未分類
知的財産権(育成者権)と苗作り
種苗法は、先日改正が行なわれました。
卒寿

情熱その2


菊の苗を販売している国華園は、販売パンフレットに
注意書きをいれています。
「農林水産省登録品種については、許可のない販売
は違法となります。菊花会などで競技花としても同様
に損害賠償、刑事罰の対象となる場合があります。」

毎年,国華園では、新花として最新発表花の苗の販売
をしています。一芽(苗一株)6,000円で売っています。

新花の苗作りは、まず満開となった親株の花を交配
させて種を採取します。
翌年、春に種をまき育てて秋に開花させて花の出来栄
えを確認して良い花を選びその株から挿し芽をしていき
ます。
新花として発表、販売できるか何度もこの作業を繰り返
し選りすぐりの菊を発表します。


以上のような困難な作業を繰り返して新花が開発され
て苗が販売されます。
新花発表の年は、苗1本が6,000円が、翌年には2,000円に
2年~3年ぐらい前の苗は、1,000円にまたそれ以前の苗
は、一律500円で販売されます。

それにしても、菊花展の競技花を農林水産省登録品種
を選ぶに当たっては十分注意が必要となります。


金山  情熱  国華越残  大菊


大相撲初場所優勝予想が困難

横綱2人が休場、貴景勝が綱取り挑戦かと期待し予想した。
ところが初日から4連敗、その後も1日おきに負け先行。
もう一人は、大関から序二段まで陥落、復帰して関脇の照ノ
富士に期待した人も多い。
朝の山も3敗の成績。
角番の正代が9日まで2敗。、
昨日で給金8勝全勝の埼玉県出身の大栄翔は、今日宝富士
に苦杯をなめた。大栄翔の首狙いも宝富士には通用しなか
った。
さて前半終えて予想は、1敗が大栄翔、2敗が正代、3敗が、
朝乃山、照ノ富士、阿武咲、明生、逸ノ城,霧馬山、琴ノ若、
志摩ノ海,明瀬山、豊山と10人
大栄翔は、上位との取り組みは終わっている。
大関では、正代が安定している。
2人が後半も勝ち続けられるかまたまた予想が困難となった。

大栄翔は、優勝か、準優勝。それに、殊勲賞、技能賞は確実
である。

さて、コロナ感染拡大防止のため多くの力士が休場となって
いる。
観戦者も入場制限されている。
テレビで観戦していていつも気になっている溜席(いわゆる
砂かぶり)に連日のように背筋がピンとのびて正座して観戦
している良家のお嬢さんがいらしゃる。東の花道入り口、毎
日同じ場所、同じ姿勢で日々異なるロング袖のワンピース
姿で美人(マスクで十分には判断できないが)と思われる女
性、特に贔屓の力士がいないのか、勝ち力士に細く長い手
で拍手を小さく送っている。
相撲の勝負の合間にちょっと気になっている存在である。




菊花仙人

越冬中の管理

2021.01.01 11:33|菊作り
親株を越冬させて苗つくり
霜よけをして日当たりの良い場所に並べて管理します。
水やりは乾燥しすぎないように3~4日に1回程度与えます。
越冬菊


菊の特性
ここで菊作りの基本を勉強しましょう。
特性を知る。
①日が短くなると咲く
日照時間が短くなると開花する短日性植物です。
秋になって日照時間が13時間以下になると生長点に花芽
が出始めて蕾となります。8月20日頃
②生育が旺盛で多肥を必要とし水分を多量に吸収します。
そのため十分な日光が8時間以上さす風通しの良い場所
に鉢を置くことが理想です。
③土作り
肥料が十分に効き、水はけがよく通気のよい土をつくること
が必要となります。
④生育が旺盛のため害虫がつきやすく、病気になりやすい
ことから予防の消毒を効果的に実施するように努めます。
⑤育成場所が狭くても出来る仕立て方
 ○ダルマ作り・・・・草丈60㎝
 ○福助作り・・・・・・草丈40㎝
国華金山、国華越山等の早咲き大輪の花の品種を選ぶ
成長抑制剤B-ナインの使い方に注意

ダルマ

福助



「百種接分菊作り」トライアルに失敗しました。
2020.7.30「一本の台木の異種花を咲かす」の記事でトライア
ルしましたが上手くいきませんでした。
台木5本に5~7本ほど接ぎ木をしましたが殆ど2~3日で接い
だ穂先が萎れてしまいました。
今回、中菊(元禄丸、金光丸、岸の鳥海等)を使って接ぎ木しま
したが、大菊もいいのではと思います。
それと台木をもっと太く枝を茂らせることです。

接ぎ分け菊

接ぎ分け菊

ENEOS童話賞にチャレンジ
5月に応募した結果が、11月発表落選。
ダム湖に沈んだ村のことを伝えたい気持ちで書きました。
もう少しファンタスチックに書くべきでした。
それと、童話の書き方の基本を習得すべきでした。
応募数・・・10,248編 優秀賞3編 佳作5編

   湖底(こてい)の地図(ちず)

この話(はなし)は、東京が、今のような大都会(だいとかい)になる前(まえ)のことです。
この村(むら)は、東京(とうきょう)の西(にし)のはずれにある家(いえ)がまばらな貧(まず)しい農村(のうそん)でした。米は、家族(かぞく)が食(た)べるほどの収穫(しゅうかく)しかありませんでした。農閑期(のうかんき)には、女の人たちは、機織り(はたおり)をして多少(たしょう)のお金を稼いで(かせいで)暮(く)らしの助(たす)けにしていました。
武(たけし)は、そんな村に住(す)んでいたおばあちゃんのところに夏休(なつやす)み遊(あそ)びにいきました。おばあちゃんから一枚(いちまい)の地図を見せられました。その地図は、西(にし)から東(ひがし)に一本(いっぽん)の川(かわ)が流(なが)れ、その川を中心(ちゅうしん)にして両側(りょうがわ)に一カ所(いっかしょ)二十戸(にじゅうこ)ほどの集(しゅう)落(らく)が上流(じょうりゅう)から下流(かりゅう)に沿(そ)って並(なら)んでいました。
そして地図の上部(じょうぶ)余白(よはく)に川の北側(きたがわ)の集落に住んでいた農家の名前(なまえ)が記入(きにゅう)してありました。また地図の下部(かぶ)余白には、川の南側(みなみがわ)の集落が同(おな)じように記入してありました。これは、湖(みずうみ)に沈(しず)んだ村の地図でした。
武は、おばあちゃんからその当時(とうじ)の村の話(はなし)を聞(き)きました。
野山(のやま)には緑(みどり)がいっぱいあり川には、清流(せいりゅう)が流れ、子ども達は、川や田んぼに水を引(ひ)く溜(た)め池(いけ)でフナを釣(つ)り、どじょうをつかみ、タニシを取(と)って遊(あそ)んでいました。
梅雨(つゆ)時(どき)になると田んぼには水がいっぱいに張(は)られて蛙(かえる)の合唱(がっしょう)が村中(むらじゅう)にひびきます。稲(いね)の苗(なえ)が田んぼのあぜ道にかごに入れられて並(なら)んでいます。家族(かぞく)の他(ほか)に親戚(しんせき)が集(あつ)められて田植(たう)えが行(おこ)なわれるのです。お昼(ひる)はあぜ道にお弁当(べんとう)を広げて皆(みな)でおにぎりとたくわんで腹一杯(はらいっぱい)食(た)べます。1日が終(お)わり腰(こし)を曲(ま)げて足(あし)はひきずりながら疲(つか)れて家に帰(かえ)ります。風呂(ふろ)に入って晩(ばん)ご飯(はん)を食(た)べて早(はや)々(ばや)と寝床(ねどこ)にはいります。
そんなある晩(ばん)のこと、おばあちゃんは、夜中(よなか)に狐(きつね)の泣(な)き声(こえ)で目が覚(さ)めました。悲(かな)しいし叫(さけ)び声(ごえ)で子どもを呼んでる母狐(ははきつね)の泣(な)き声(こえ)でした。昨(さく)日(じつ)、弟(おとうと)が狐のねぐらから捕(つか)まえてきた子(こ)狐(ぎつね)をりんご箱(ばこ)に入れて飼(か)っていたのです。
母狐は、子狐恋(こい)しさに助(たす)け出(だ)そうとここまでやってきていたのです。翌日(よくじつ)、弟は、子狐を裏(うら)山(やま)の狐のねぐらに返(かえ)してやりました。
田植(たう)えは三日(みっか)で終(お)わりました。
刈(か)り入(い)れ時(どき)の秋(あき)には、また皆(みな)が、お手伝(てつだ)いにやってきます。収穫(しゅうかく)が終(お)わりやがて、新米(しんまい)が各自(かくじ)宅(たく)に送(おく)られてきます。お手伝いのお礼(れい)です。
東京(とうきょう)の人口(じんこう)がどんどんと増(ふ)えて飲み水(のみみず)に困(こま)るようになりました。今(いま)までの多摩(たま)川(がわ)上水(じょうすい)ではとてもまかない切(き)れなくなりました。
そこで、東京市(とうきょうし)(当時(とうじ)、東京は市であった)では、東京の水(みず)不足(ぶそく)を解(かい)消(しょう)するために川をせき止(と)め、他(た)の川からも水を集(あつ)めてダムを造(つく)り水をため水道管(すいどうかん)を通(とお)って東京の家庭(かてい)に供給(きょうきゆう)することを考(かんが)えました。そのダムの候補地(こうほち)にあがったのがこの静(しず)かで穏(おだ)やかな川のある農村(のうそん)でした。村民(そんみん)にとって寝耳(ねみみ)に水、降(ふ)ってわいた話です。
村民たちは、先祖(せんぞ)代々(だいだい)住(す)んでる人が多く、親戚(しんせき)、隣(とな)り近所(きんじょ)との間(あいだ)で仲良(なかよ)く暮(くら)らしてきた村から離(はな)れることの不安(ふあん)、離れた後(あと)の暮らしや新(あたら)しい隣近所とのお付き合(つきあ)いなど全(すべ)てが変(かわ)わることを考(かんが)えるとこの村から他(ほか)に移(うつ)ることに反対(はんたい)でした。しかし、今の生活(せいかつ)は、水田(すいでん)からとれるわずかな米以外(いがい)に特産物(とくさんぶつ)とてなく新しい生活を求(もと)める気持(きもち)ちもないわけではなかったのです。
東京市から村民達(たち)へ示(しめ)された移転(いてん)に伴(とも)う補償(ほしょう)は、不十分(ふじゅうぶん)なものでした。また、今(いま)持(も)っている土地(とち)の買(か)ってもらえる価格(かかく)があまりにも安(やす)かったことです。村民たちは結集(けっしゅう)して、示された土地買収(ばいしゅう)価格に応(おう)じられないと抗議(こうぎ)をしました。しかし、この行動(こうどう)にもかかわらず東京市は、強引(ごういん)に土地の買収を始(はじ)めました。個々(ここ)の地主(じぬし)と他より高(たか)く買うからと個別(こべつ)交渉(こうしょう)が進(すす)められました。数年(すうねん)で大部分(だいぶぶん)の農家は買収に応じましたが応じなかった数軒(すうけん)は国の強制(きょうせい)収容(しゅうよう)により全戸(ぜんこ)は立ち退(の)くことになりました。
この村の住民(じゅうみん)全てが、どこかに新しいすみかを求めて散(ち)らばっていきました。おばあちゃんは、隣村に移り住むことになりました。しかし、幼友達(おさなともだち)の清(せい)三(ぞう)ちゃんは遠(とお)く離(はな)れた親戚(しんせき)の近(ちか)くに移(うつ)り住(すむ)むことになりました。清三ちゃんは、大きくなったらおばあちゃんをお嫁(よめ)さんにしたいとままごと遊(あそ)びでよく言(い)っていました。子(こ)どものことだからどうなるか分(わか)らないと思(おも)いながらも清三ちゃんが新(あたら)しく住むところに移(うつ)っていく時、おばあちゃんはあのままごと遊びで清三ちゃんの「お嫁さんにしたい」と言った言葉(ことば)がほのかな思い出(おもいで)としてよみがえっていました。どうしたことか涙(なみだ)が目(め)の中(なか)にたまり我慢(がまん)ができずにぼろぼろとあふれ流(なが)れました
真っ赤(まっか)になった目はだれにも見(み)せられませんでした。
やがて、ダムができ村は、水没(すいぼつ)しました。
湖底(こてい)に沈(しず)んだ村の面影(おもかげ)さえ残(のこ)さない湖(みずうみ)は青(あお)い空(そら)と白(しろ)い雲(くも)を写(うつ)して満々(まんまん)と水をたたえています。
おばあちゃんの話は終(お)わりました。


童話の花束







菊花仙人
プロフィール

菊花仙人

Author:菊花仙人
大菊作りを初めて10数年、まだまだ満足できる仕立てが不十分です。
一生精進、自分が楽しめる、また見る人が楽しめる花を咲かせたい。
また、一人でも菊作りをしてみたい人が増えること念願しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ